未分類

野外活動とAI

 コロナ禍をきっかけに、もともと地球上に細菌やウイルスが充満していることに気づいた人類。これからの時代はあらゆる活動がオンライン化されるという言説が見られますが、むしろリアル体験の価値が見直され、より積極的にリアル体験に励むことになるだろ...
未分類

大気と細菌 ~酸素編~

 ここでは、細菌と大気中の酸素を利用して汚染物質を分解することについて述べます。  地球大気には酸素(O2)が約2割含まれていて、強い酸化力を持ちます。細菌の力を使えば多大な労力や環境汚染をもたらす化学処理や焼却処分をしなく...
未分類

大気と細菌 ~窒素編~

 ここでは、植物が細菌の力で大気中の窒素を固定することについて述べます。  地球大気には、窒素(N2)が約8割含まれていて、しかも植物は窒素分を必須としているにもかかわらず、大気中の窒素を使うのが難しくて、莫大なエネルギーを...
未分類

コロナ禍収束のために

 コロナ禍はいつ「収束」するのでしょうか。私は、コロナ禍の収束の定義は、「新型コロナウイルスがもたらすリスクが、特別な対策をしなくても、社会が許容する水準を下回っていると、社会が認識すること」と考えています。そのための具体策としては、 ...
未分類

コロナワクチン接種しました

 当研究会の代表は、8月4日に新型コロナウイルスのワクチン接種を終え(2回ともモデルナ社製)、2週間が経過しました。これで、感染したり感染させたりすることは防げなさそうですが、重症化のリスクは他の「風邪」と同様になったと考えてもよさそうで...
未分類

ウイルスからは逃げられない!

 コロナ(SARS-CoV-2)に対するワクチンが普及し、重症化を抑制する効果が見え始めています。ところが、社会において、感染自体を恐れることが続き、なかなか社会的収束の目途が立っていません。  さて、人体に細菌が住み着いて...
未分類

ソフトウェアをリニューアルしました

で公開しているソフトウェアをリニューアルしました。 主な変更点は以下の通りです。 ・ヘキサンの燃焼計算からケロシンの燃焼計算に変更 ・地球温暖化ファクトチェックの問題変更 ・プログラミング言語をKo...
未分類

船と飛行機

 飛行機の運航は船を模したものが多いです。船は紀元前から使われてきたのに対し、飛行機はここたった100年くらい。飛行機が急速に普及したのは、船の運航に関する仕組みを多く取り入れたことが要因かもしれません。   船と飛行機の共...
未分類

水着と下着

 皆さんは、水辺(海岸、河川敷、湖岸など)で、「水着は見せられるのに下着は見せられない」ことはおかしいと思ったことはございませんか?  まずは、水着と下着の違いについてまとめてみました。なお、この表は、一般的なものを示したも...
未分類

宇宙空間と気圏と水圏

 当研究会が目指すものは、人類の完全なる気圏(陸上)進出や地球大気のより積極的な活用がされることです。  ここで、宇宙空間と気圏(大気圏)と水圏(海洋など)の比較をします。 ※宇宙空間のイメージ画像は、 より。...
タイトルとURLをコピーしました